冷え性の原因と対策!効果があるサプリで一番人気は何?

冷え性の原因と対策!効果があるアイテムで人気なのは何?

ルピエラインの副作用と安全安心な使い方

ルピエラインの副作用と安全安心な使い方

ルピエラインは、膝下に軽くマッサージしながら塗るだけで、むくみや冷え、乾燥が改善できる温感保湿レッグクリームです。

夜塗ると翌日まで効果が持続します。

むくみ、冷え、乾燥は血流が悪くなり、水分や老廃物が滞っている事で起こります。

ルピエラインは17種類の天然の成分と12種類の植物成分が配合されています。

バニラ豆から抽出したバニリルブチルは優れた温感成分で、深部からじわじわと温めていきます。

ショウガ根、トウガラシ果実、インドナガコショウ果実、トウキ根なども血行促進し、リンパ液の循環を良くしてくれます。

また、希少なクダモノトケイソウ果実エキスは、リンパ管にアプローチするのでむくみの根本ケアになります。

お肌のターンオーバーを正常にし、乾燥を防ぎます。

ヒバマタエキス、セイヨウキズタ葉エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、コレウスフォルスコリ根エキス、カフェインもリンパを整え、むくみや引き締めに良い成分です。

ワレモコウエキスも低刺激なので、皮膚を保護しながら保湿し、脚を引き締めてくれます。

アルニカ花エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキスは美肌成分なので、保湿効果も高いです。

これだけの天然の成分や植物成分が配合されているので効果が高いです。

また、ルピエラインは、合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、シリコンの6つを使用していないので、副作用の心配がありません

安心して使用する事がする事ができます。

安心安全な使い方は、顔などには塗らないようにする事です。

特に粘膜のある部分や皮膚の柔らかい部分は塗らないようにしましょう。

場所によっては、ヒリヒリしたり、熱感を感じる事があるので、塗る量を減らしたりする事が大事です。
様子を見ながら調整していきましょう。

伸びが良いクリームなので、少量でも効果を感じられます。

塗りすぎないように気を付けましょう。

ルピエラインは、高品質で信頼できる国内の工場で製造されていますし、品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を取得しています。

また、妊娠中でも使用する事ができるので、とても安全な製品です。

膝下以外にも太もも、お尻、指、手首、肘にも使用する事ができるのでおすすめです。

サーモグラフィでの実験でも15分後には赤くなり、30分後には半分が赤くなっています。

1時間後にはほとんどが赤くなっている結果が出ています。

ルピエラインの口コミ評価!足のむくみ・冷え・乾燥ケアは本当?

是非お試ししてみて下さい。

ドクターや一流エステティシャンも絶賛しています。

多数のメディアでも掲載され話題になっています。

公式サイト↓

u

*共通案内*
巡りをよくして身体の中からぽかぽか!と人気なのが江崎グリコのαGヘスペリジンです。
みかん30こ分のヘスペリジンパワーです
公式サイト↓
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

口コミ評価も高いですよ!
江崎グリコの冷え性サプリ「αGヘスペリジン」の口コミ!冷え解消は本当?

 

タグ :  

ルピエライン

この記事に関連する記事一覧