冷え性の原因と対策!効果があるサプリで一番人気は何?

冷え性の原因と対策!効果があるアイテムで人気なのは何?

冷え症が酷い!温める成分や冷え改善の食べ物やレシピを教えて!

冷え症が酷い!温める成分や冷え改善の食べ物やレシピを教えて!

そろそろ冷え症の人には辛い季節がやってきました。

毎年あらゆることを試みてはいるものの、なかなか改善策がみつからずお困りの方も多いはず。

例年のことだからと諦めている人や、冬でなくとも同様の症状でお困りの人も、さあ今年はどう攻略するか、原因や対処法を知って冷え症対策を考えていきましょう。

そもそも冷え症って何?

外気温によって体が冷やされる程度ではなくて、とくに手足の先端がかなり温まりにくくて、一年中体が冷えているような慢性的な症状があるときに冷え症と呼ばれます。

最近ではクーラーの普及によって夏場でも体が冷えていると感じる人も多くなっています。

からだの中から冷えているために、少々からだを動かしたくらいでは、なかなか症状が改善せず、温まらないことが多いのです。

人間が本来持っている体温調節機能が乱れている状態であることが主な原因として考えられます。

●原因①
自律神経の乱れ

現代社会はストレスも多くまた不規則な生活をおくることなども起因し、体温調節の命令をだす自律神経がうまく働かなくなってきています。

また、最近では空調システムが一年中快適に生活できるようになったことから、室内外の温度差も激しくなるために、自律神経の機能がうまく働かなくなってしまいます。

●原因②
女性ホルモンの乱れ

更年期や生理、現代人に多いストレスによって女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れて、血行循環の悪化が原因となり冷えを感じやすくなる人が増えているのです。

●原因③
筋肉量の差

男性に比べると女性は総じて筋肉が少ないため、熱を生む筋肉運動が少なかったり貧血からくる血流量が少ないため、とくに女性に冷え症が多くみられると考えられます。
しかし、女性に限らず日頃から運動量の少ない人には筋肉量が少ないため冷えやすくなります。

―教えて!温める成分―
・ヘスペリジン
・納豆キナーゼ
・しょうが
・イチョウ葉エキス
以上があげられます。
くわしく説明いたしましょう。

・ヘスペリジン
ヘスペリジンは血流を改善する効果があります。

ポリフェノールの一種であるヘスペリジンは、末梢血管に影響をおよぼします。

また抗酸化物質でもあるヘスペリジンは血管の透過性を調整し血管を強くしてくれます。

末梢血管に多い毛細血管が強化されることにより、手足の先が冷えることを予防できると考えられます。

・納豆キナーゼ
血栓を溶かす納豆キナーゼ。

様々な理由で血管内にできてしまった血液の流れを阻害する血栓を納豆キナーゼが溶かしてくれることによって血液の流れがよくなります。

・しょうが
しょうがは血行を良くし、体内で熱を作り出す働きあるので冷え症予防の代名詞ともいわれています。

・イチョウ葉エキス
体が酸化することから起きる動脈硬化をイチョウ葉エキスの抗酸化物質によって改善が期待できます。

≪冷え症改善ダイエットレシピ≫
豆乳かんてん
材料 
寒天1本
豆乳200ml
黒蜜大さじ2杯
作り方
鍋に水を張り、寒天を細かくちぎって水につける。
ふやけたら火をつけ、寒天のつぶがなくなるまで煮溶かす。
完全に溶けたら、豆乳をいれる。
豆乳が温まったら黒蜜を投入し黒蜜が解けたら型に移し冷やし固める。

今回は簡単なレシピです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

◆いろいろ工夫しても、なかなか冷え症が改善しないときは、江崎グリコの冷え症サプリの「αGヘスペリジン」を飲んでみてください。

みかん30個分のぽかぽかパワーで冷え症もサポートできる!と口コミ評価も高いからです。

u

*共通案内*
巡りをよくして身体の中からぽかぽか!と人気なのが江崎グリコのαGヘスペリジンです。
みかん30こ分のヘスペリジンパワーです
公式サイト↓
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

口コミ評価も高いですよ!
江崎グリコの冷え性サプリ「αGヘスペリジン」の口コミ!冷え解消は本当?

 

タグ :    

【江崎グリコ】αGヘスペリジン

この記事に関連する記事一覧