冷え性の原因と対策!効果があるサプリで一番人気は何?

冷え性の原因と対策!効果があるアイテムで人気なのは何?

冷え性の原因は砂糖にあるの?冷える仕組みを教えて

冷え性の原因は砂糖にあるの?冷える仕組みを教えて

砂糖は日常的に摂る方が多いと思います。

お菓子や煮物など、毎日の生活の中で当たり前に摂っていますよね。

この「砂糖」ですが、一般的には白砂糖を使っていますよね。

白砂糖は、冷え性によくないと言われています!

少し話が反れますが、砂糖に限らず「白○○」がよくないと言われてもいますよね。

具体的には、例えば「白米」がそうですね。

白砂糖はよくないから、黒糖やハチミツ、メープルシロップや、きび砂糖を、白米ではなく玄米を、「白い」食べ物は体によくないと言われています。

我が家も、きび砂糖やハチミツを使うようにしたり、白米と玄米を混ぜて食べるようにしたりしています。

冷え性改善やアレルギー体質の改善に取り組み中です。

話を戻しますね。

そもそも白砂糖がよくない理由についてお話しますね。

白砂糖は血糖値を急激に上げてしまい、血糖値が急激に上がると、私達の身体は、上がった血糖値を下げようと働きかけるので、急激に上がった血糖値は急激に下がることになります。

この上がったり下がったりが繰り返されることで、日常的な体温の低下を引き起こすことになり、慢性的な冷え性になっていくのです。

血糖値の問題となると、冷え性だけでなく、そもそも健康にも関係がありますね。

ですから、冷え性でお悩みの方はもちろん、そうでない方も白砂糖は控えた方が良いと説があり、白砂糖について使わないようにしたり控えたり、気にされる方が増えているようです。

私も、そのひとりですね。

家では一切白砂糖は使っていません。

市販のお菓子にはたくさん使われていると思うので、白砂糖を完全除去は無理だと思っていますが、できる範囲で摂らないようにしています。

ここまでで、冷え性を改善するためには、甘いスィーツなどは食べてはいけないという結論になりそうですよね。

やはり白砂糖を使ったお菓子類は、極力控えた方が良いですね。

でも甘いものを絶対に食べたらいけないというわけではありません。

先ほど私も取り入れているとお話しさせてもらいましたが、精製されていない砂糖の黒糖やハチミツ、メープルシロップやきび砂糖などで作られたお菓子は食べて良いと思います。

もちろん食べ過ぎは注意です。

糖分も人間にとって必要な栄養分ですから、完全除去ではなく、上手に取り入れるということですね。

また、冷え性改善に、普段から「ビタミンPのヘスペリジン」を摂ることもオススメします。

青みかんにヘスペリジンが多く含まれていると言われているので、積極的に摂るようにするとよいですね。

とは言うものの、熟していない青ミカンは、酸味が強いですし、苦手な方も多いでしょう。

そもそも、お店には熟した甘いミカンが多く、すっぱい青ミカンは売られていないかもしれませんね。

それに、ヘスペリジンをしっかり摂るためには、青ミカンを皮ごと食べる必要があるのですが、これって意外と難しいことです。

では、どうしたらよいのか?と、なりますが、「αGヘスペリジン」というヘスペリジンを手軽に摂れて効果が得られるサプリメントがグリコから発売されています。

みかん30個分パワーのαGヘスペリジンが摂れて、冷えも浮腫みもサポートしてくれると人気ですよ。

u

*共通案内*
巡りをよくして身体の中からぽかぽか!と人気なのが江崎グリコのαGヘスペリジンです。
みかん30こ分のヘスペリジンパワーです
公式サイト↓
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

口コミ評価も高いですよ!
江崎グリコの冷え性サプリ「αGヘスペリジン」の口コミ!冷え解消は本当?

 

タグ : 

冷え性の知識

この記事に関連する記事一覧