冷え性の原因と対策!効果があるサプリで一番人気は何?

冷え性の原因と対策!効果があるアイテムで人気なのは何?

冷えで顔の乾燥と赤みが酷い!どうすれば良い?

冷えで顔の乾燥と赤みが酷い!どうすれば良い?

冬は外と中の寒暖差や寒さエアコンによって肌が乾燥しやすくなります。

表皮や内側の毛細血管の状態が悪いと、温度差を吸収してくれる表皮が薄くなっている為、保水機能が低くなり、少しの刺激でもお肌の奥まで伝わりやすく、毛細血管まで刺激してしまい、赤味を帯びてしまいます。

乾燥肌や敏感肌の方は特に酷くなってしまいます。

初期の段階で改善できれば良いのですが、お手入れを怠ったり、間違ったケア、お肌に合わない化粧品を使用していると悪化してしまいます。

赤味が常に出ている方は毛細血管が常に拡張しています。

乾燥も伴っていると、化粧水がしみたり、ヒリヒリと痛みも出てきたり、冷たい風に当たると悪化してしまいます。

そこで、どうすれば改善出来るのか紹介します。

まずは、体を温め、血行を良くしましょう。

軽いマッサージが効果的でさする程度で顔の内側から外側へ優しくマッサージしていきましょう。
この時は手を温めてから行いましょう。

冷えとりも大事で、厚めの靴下やタイツを履いたり、カイロを腰やお腹に貼ったり、シャワーではなく、湯船に浸かって体を温めル事もおすすめします。

手足の末端が冷えると顔に赤味が出たりするのです。

ですから、外に出る時も冷たい風に当たらないように、マフラーやストールで顔を隠しましょう。
更に日焼け止めをしっかりと塗り、紫外線対策をしましょう。

日に当たると更に赤くなってしまう可能性があります。

また、乾燥に良い食べ物もあります。

黒ごま、黒豆、ひじき、ごぼう、こんにゃくなどの黒い色の食べ物を食べると良いです。

セラミドという成分が含まれており、肌のバリア機能を高め、潤いを与えてくれたりします。

ビタミンを多く含む、緑黄色野菜や果物を摂るのとも良いです。

人参、ほうれん草、キウイフルーツ、苺、レモンなど摂るようにしてみて下さい。

特にビタミンAは、皮膚の粘膜を正常に保ち、代謝を上げてくれます。

ビタミンCも抗酸化作用やメラニンを抑える働きもあります。

水に溶けやすいので細胞に届きやすく、コラーゲンを作る手助けもします。

脂質、タンパク質、粘りの強い食品もバランス良く摂るようにしましょう。

そして、最も重要なのはスキンケアで、保湿をたっぷりしていきましょう。

細胞間脂質であるセラミドや天然保湿因子(NMF)の成分が入っている基礎化粧品を使うことをおすすめします。

水分の蒸発を防ぎ、外気の乾燥から保護してくれますし、潤いを閉じ込める働きをします。

10月から3月は空気が乾燥しますのでこの時期は特にしっかりと保湿しましょう。

睡眠時間もしっかりと確保し、ストレスを溜めない事もお肌には大事です。

◆なお、浸透型のセラミドたっぷりで、赤ら顔もケアできて保湿できると人気のスキンケアが、ウルウ(ULU)です。

オールインワンなので洗顔後にウルウを塗るだけでいいのメリットです。

顔の乾燥や赤みで悩んだら、試してみてください。
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

H

*共通案内*
巡りをよくして身体の中からぽかぽか!と人気なのが江崎グリコのαGヘスペリジンです。
みかん30こ分のヘスペリジンパワーです
公式サイト↓
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

口コミ評価も高いですよ!
江崎グリコの冷え性サプリ「αGヘスペリジン」の口コミ!冷え解消は本当?

 

タグ : 

冷えが原因の症状

この記事に関連する記事一覧