冷え性の原因と対策!効果があるサプリで一番人気は何?

冷え性の原因と対策!効果があるアイテムで人気なのは何?

30代女性で冷えとむくみが1年中酷い!原因と対策を教えて

30代女性で冷えとむくみが1年中酷い!原因と対策を教えて

30代に入ってから冷えとむくみが酷くなった。

寒い冬の時期はもちろんですが、年間を通して冷えやむくみに悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

体の冷えは様々な体の不調を引き起こしてしまいます。

特に女性は、体を冷やすのは本当に良くないと昔から言われていますよね。

最近、太ったわけでもないのに靴がきつく感じる。

朝起きて、顔のむくみが酷いと気分が下がってしまいますよね。

今回はそんな、女性の敵である冷えとむくみの原因や対策方法をお話ししていきたいと思います。


冷え

特に女性に多いと言われている体の冷え。

冬の寒い時期に体が冷えてしまうのは当然なのですが、夏で気温が高いにも関わらずなぜか体が冷えてしまう・・・。

決して男性が冷えないわけではありませんが、女性が冷えやすいと言われていますね。

では、なぜ女性の体は冷えやすくなってしまうのでしょうか?

女性の体が冷えやすい原因と言われているものをいくつかご紹介したいと思います。

基本的には男性よりも筋肉量が少ない

アスリートの女性や、特別な筋肉トレーニングなどを行っている女性でない限り、基本的に女性の体は男性よりも筋肉量が少ないと言われています。

そして、筋肉量が少ない代わりに脂肪の量が多いのです。

筋肉は、体の熱を作るという役割も持っています。

筋肉が熱を生み出し、その熱で温まった血液が全身を巡るので体温が高くなります。

そして、女性の場合、妊娠や出産をするために脂肪を多く蓄える傾向にあります。

みなさん誤解されている方も多いと思うのですが、ぽっちゃり体系の方は季節問わず暑がりだと言われています。

確かに大きく間違ってはいないのですが、実は脂肪というのは一度冷え切ってしまうとなかなか温まらないので、実は冬は猛烈に寒いんだよ!と言う方もいらっしゃるのです。

その事からわかるように、脂肪は一度冷えてしまうとなかなか温まりにくいので、男性よりも脂肪が多い女性は、エアコンや外気などで体が冷えてしまうと、なかなか体が温まらなくなってしまいます。

また、女性の体は男性の体よりも筋肉がつきにくいとも言われています。

月経や子宮、卵巣がある

この三つは男性と女性の体の大きな違いでもあります。

女性には月経、子宮、卵巣がありますね。

月経は基本的に月に1度やってきますが、その月経時に血液を多く失う事になります。

血液は体に熱を運んでくれる役割を持っているので冷えが発生します。

また、女性にしかない内臓、子宮と卵巣があることにより、腹部の血液の循環が悪くなり、体へめぐる熱が滞りやすくなるので冷えるとも言われています。

以上の二つは、女性の体が男性より冷えやすくなると言われている大きな原因です。

その他にも冷えを促進してしまう原因があるのでご紹介します。

薄着のファッション

最近では、季節問わずショートパンツやミニスカートを生足で着用している女性を良く目にします。

確かに、ファッション性を重視するとどうしても薄着になりがちですよね。

例えば、すごく保温性のあるダウンコートなどは、太って見えるから・・・という理由で着たくない女性も多いそうです。

また、補正下着のように、締め付けが激しいインナーは血流を悪くしてしまう事もあります。

冬場の薄着は、外気温が低いので冷えの悪化にもつながります。

過度のダイエット

女性はいくつになってもスリムで美しい体でいたいと思うものですよね。

ダイエットは年頃の女性から年配の女性まで、切っても切れないような縁でつながっているものなのでは?と思ってしまうほど。

友人や家族の中で、常に誰かが行っているイメージがあります。

しかし、間違った方法や過度のダイエットは冷えを誘発してしまう恐れがあります。

ほとんど食べないようなダイエットや、野菜しか食べないダイエットなど、栄養バランスが偏るような食事制限でのダイエットをしている方は要注意です。

栄養不足の状態が続くと、エネルギーが十分に作られずに熱を発生しづらい状態にしてしまいます。

またそれにより貧血などの症状がでてしまうと、血液の循環が悪くなり、更に冷えを悪化させてしまう事もあります。

このような原因が、そもそも冷えやすい女性の体をさらに冷えやすくしてしまっているかもしれません。

次は【むくみ】について見ていきましょう。

むくみとは?

よく、顔や手足がむくんでいる。

と、言いますが、実際むくみというのがどのような症状なのか、はっきりとわかっていますか?

ここでは、むくみと言うのがどのようなものなのか、またむくみを発生させてしまう原因はなんなのかを一緒に見ていきましょう。

むくみは、医学的には浮腫(ふしゅ)と言われています。

血液中の水分が、なんらかの理由で血管やリンパ管の外に出てしまい、体の【ある部分】に滞ってしまう現象です。

本来ならば、血液と共に心臓に戻っていかなければならないものが、どこかに滞ってしまうのです。

これだけ聞いていても、体にあまり良くないというのがわかりますよね。

むくみの原因

では、その【なんらかの理由】と言うのは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

むくみの原因と言われている、主なものをピックアップしてみました。

冷え

冷えによるむくみは、下半身(特に足)に起こりやすいと言われています。

足の筋肉は【第二の心臓】と言われていて、老廃物を上半身に押し上げてくれる役目を持っています。

足が冷えている状態にあると、血流を悪くし、筋肉をこわばらせてしまいます。

この状態が長く続くと下半身に老廃物や水分が溜まりやすくなると言われています。

ストレス

人間は過度のストレスを感じると、【コルチゾール】と言うホルモンを大量に分泌します。

【コルチゾール】はストレスホルモンと呼ばれ、大量に分泌されることにより水分の排泄が正常に行われなくなることがあります。

また【コルチゾール】の影響で筋肉が弱ることもあり、結果血液などの循環が悪くなってしまいます。

結果的にむくみを誘発することになるそうです。

・寝不足などの生活習慣

寝不足の次の日、なんとなく顔や手足がむくんでいるなーと思う事があります。

睡眠不足でむくみがでるのは、疲労物質が原因であると言われています。

この疲労物質は、十分な睡眠をとっていれば溜まることはありません。

しかし、睡眠が十分でないと、疲労物質が溜まった状態になり、酵素が不足してしまいます。

酵素が不足することにより、水分を正常に排出できなくなりむくみが発生してしまいます。

塩分の摂り過ぎなど

塩分の摂り過ぎでむくみがおきるというのも、たまに聞く話ですよね。

必要以上の塩分を摂取すると、血液が増えて血管内部の水分が増えすぎる事になってしまいます。

血液が増えすぎると血管が広がり、血圧があがってしまいます。

その結果、毛細血管から水分が染み出してきてむくみになってしまいます。

塩分の摂り過ぎは、むくみだけでなく高血圧などの原因にもなってしまうので、摂取量には十分注意したいですよね。

一般的に言われているむくみの主な原因をご紹介しました。

上記以外にもむくみの原因となるものはさまざまあるそうです。

前述したように、【ある部分】にだけむくみが出る場合と、全身にでる場合があるそうですが、ほとんどのむくみは一過性のものだと言われています。

しかし、あまりにもむくみが酷い場合や、息苦しさを感じる程のむくみ、全身にわかるほどのむくみが出ている場合は、なんらかの疾患の恐れもあるそうですので、一度医療機関を受診しましょう。

冷えの解消

続いては、冷えの解消方法についてご紹介したいと思います。

まずは食生活から

当然の事ではありますが、冷たい食べ物や飲み物の過剰摂取は控えましょう。

冷たい飲食物は体の冷えの原因にもなります。

特に夏場は、アイスクリームやかき氷、冷たい飲み物がとてもおいしく感じますよね。

ただし、冷えが酷い方の場合は夏場でも注意が必要です。

毎日冷たいものばかりを飲食するのは極力避けましょう。

また、夏野菜は体を冷やす作用があると言われていますので、季節外れな時期に夏野菜などをたくさん食べるのも避けたほうが良いでしょう。

代表的なものとして、ナス、きゅうり、ゴーヤなどがあげられます。

水分が多い野菜やフルーツ、夏が旬の野菜やフルーツ、野菜は体を冷やしやすいとも言われています。

逆に言うと、冬が旬の野菜は体を温めてくれる作用のあるものが多いと言われています。

代表的なものとして、ショウガやカボチャ、にんじんや、ネギなどの食材は体を温めると言われています。

ちなみに筆者は非常に激しい冷え性ですので、年間を通してショウガを入れた温かい紅茶などを飲用して体を温めるようにしています。

また、朝一杯の白湯をゆっくりと飲むことで、体を温める事ができるそうです。

過度なダイエットを避ける

冷え性が酷い方は、【食べない】ダイエットをするのは極力避けましょう。

冷えが酷くなくても、食べないダイエットは色々と体の不調を引き起こす原因になりますので、どうしても必要に迫られない場合は避けたほうが良いと言えます。

薄着ファッションは見えないところでカバー

最近では、非常に薄い素材でできた発熱インナーなどが各社から発売されていますよね。

例えば、薄手の発熱素材を使用したタイツやストッキング、シャツなどは、薄着のファッションにも響きにくいので、上に着こむのがどうしてもイヤ!と言うかたはできるだけ見えない部分で温かくできるように努力しましょう。

適度な運動

適度な運動をすることにより、筋肉量も少しずつ増えていきます。

また、既存の筋肉を刺激して筋力をあげる事も期待できます。

筋肉量を増やすことで体温をあげる事ができますので、運動する習慣が無く、冷え性の方は適度な運動をする習慣をつけましょう。

簡単なところで、家でもできるヨガやストレッチ、特別な準備が必要無いウォーキングなどでも構いません。

無理なく毎日続けていくのがポイントです。

冷暖房の乱用を避ける

あまり暑くも寒くもないのに冷暖房を過剰に使用すると、体の体温調整をする機能が低下してしまいます。

最近の冷暖房器具は、エコ設計で使用料も安くなってきているので、なんとなく癖で冷暖房を使用しているという方が多くなっているようです。

ただし、我慢できないほどの寒さや暑さを感じる場合は適切な温度で使用しましょう。

喫煙の習慣がある方は要注意

タバコを吸うと急激に血管を収縮させてしまいます。

血行も悪くなりますので、冷えを誘発する恐れがあります。

冷えが酷い方は、禁煙も考えてみましょう。

むくみの解消

続いてはむくみの解消方法をご紹介していきます。

水分をしっかり排出する

利尿作用のある飲料などを飲んで、しっかりと水分を排出しましょう。

また、水分の摂り過ぎはむくみの原因になる!と思って、あまり水分を摂らないというのも良くありません。

寝る前の水分はむくみを誘発してしまう恐れがありますので、日中にしっかりと水分を摂るようにしましょう。

紅茶やコーヒー、緑茶を飲むと、トイレが近くなる。

と、言いますが、このようなカフェインを含んだ飲料を飲むことによって水分を排出できます。

このような利尿作用の強い飲料で、意識的に水分を排出してみましょう。

しっかりと湯船につかる

38〜40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかりながら、むくみが気になる部分のマッサージをしてみましょう。

汗を流すことによる、余分な水分の排出も期待できます。

入浴はできるだけ半身浴で行うのが良いと言われていますが、肩が寒くて苦手と言う方は、肩にタオルなどをかけて入浴してみましょう。

適度な運動

適度な運動をすることにより、リンパの流れが良くなり、むくみの解消をすることができます。

運動の方法は、冷えの解消でご紹介したものと同じです。

適度な運動は、むくみの解消だけでなく、健康の全てにつながっていくことですので、是非積極的に体を動かすようにしましょう。

アルコールの過剰摂取を避ける

アルコールを過剰に摂取すると、血液中の水分が血管の外に染み出してしまいます。

しかも、アルコールを摂取すると血中の水分量が減り喉が渇きます。

そして、さらに水分を摂る・・・という、むくみの悪循環が起きますので、むくみが気になっている方はアルコールはほどほどにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

冷えやむくみは、若いころから感じていたけど、30代になってどんどんひどくなるとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

女性は冷えやむくみが起きやすいから仕方ない!と諦めてはいけません。

冷えやむくみも放っておけば、様々な体の不調や疾患を引き起こす可能性があります。

日頃から適切にケアをして、冷えとむくみ知らずの健康な毎日を送っていきましょう。

◆いろいろ気をつけているけど、なかなか冷えやむくみも解消されず太りやすいと悩む時は、「生漢煎 防風痛聖散」を飲むといいです。
生漢煎 防風通聖散の口コミ!冷え・むくみ・ダイエット効果は本当?

生姜も含みますし、むくみケアにもよい生薬成分がたっぷりの漢方薬だからです。

冷えも解消でむくみ解決で痩せやすくなる!と口コミでも人気です。

詳しくは↓

us

*共通案内*
巡りをよくして身体の中からぽかぽか!と人気なのが江崎グリコのαGヘスペリジンです。
みかん30こ分のヘスペリジンパワーです
公式サイト↓
αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

口コミ評価も高いですよ!
江崎グリコの冷え性サプリ「αGヘスペリジン」の口コミ!冷え解消は本当?

 

タグ :   

冷えが原因の症状

この記事に関連する記事一覧